ブリジストンサイクルの盗難補償についてまとめました。

子育てグッズ

先日、ブリジストン製の自転車についての記事を、
熱く書かせていただきました。

ブリジストン製の自転車は、細部までしっかり作ってある安定した自転車です。
そして自転車を購入すると、無償で盗難補償が一緒についてくる!

しかし、補償を受けるには、車種によってルールや条件が違います。

このブリジストンサイクルの補償制度について、
直接メーカーにお聞きした情報と、販売店から聞いた情報をわかりやすくまとめました。

ブリジストンの自転車をお持ちの方、これから購入予定の方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

ブリジストンサイクルの補償についてまとめました。

 

ブリジストン製の自転車を購入すると、
『ロビンフット手帳』というものがついてきます。

ロビンフット手帳

これは、
品質保証盗難補償』を約束してくれるものです。

 

品質保証書

社団法人自転車協会の安全基準を満たした適合車のBAAマーク貼付。
なんと子供用の自転車にもBAAが付いています。(子供用は付いていない事が多い)

通常に使用された状態で不具合が発生した場合は、
保証書の基準に基づいて無料修理をしてもらえます。

保証を受けるには、
商品コード、車名、販売年月日、保証期間、販売店名、保証修理実施店名および、
お客様(使用者)の必要な情報が記載された『ロビンフット手帳』が必要です。
正規販売店で購入していれば、必要事項が記載され、店印が押された手帳が付いてきますので、
紛失だけしないようにしましょう。

保証期間は、
特別保証と一般保証があります。
特別保証:フレーム体及び前ホークの強度(購入より3年)
一般保証:フレーム体及び前ホークの強度以外の全部品及びサスペンション前ホーク。(購入より1年)

*1、特別保証は大人車。(子供用は一般保証のみ)
*2、保証期間や部位は車種により構造が違う為それぞれ違う場合があります。

なお、タイヤやチューブ、ワイヤーなど、消耗品については保証の対象外です。

 

*ちょっと気になる点。
保証を受けるための条件に、
「走行100km到達時、または2ヶ月以内、6ヶ月以内、12ヶ月以内、その後1年毎に、定期点検をお受けください」
とあります。点検は有料。
点検を受けていないと保証してくれない?しかも全点検を受けるの?ちょっと期間が短すぎるし、多すぎますよね。
これは後日確認しておきます!

確認しました!

点検を受けての保証という前提ではありますが、実際には点検をうけていないと保証が受けられないという事はないそうです。ただ、新しい自転車はネジなども緩みやすいので、保証書にあるようなスケジュールでの点検をおすすめしています。(メーカーさん)

 

車種別の盗難補償と補償を受ける為の条件

下記のは2020年9月現在のものです。

3年盗難補償。

大人用自転車についている3年盗難補償です。
購入から3年の間で、自転車が盗難された場合に、
購入した自転車と同じ車種を代替車として提供してくれます。

盗難補償は1回のみ。

費用:3000円+組み立て手数料2500円(税別)

条件

  1. 所有自転車のブリジストンサイクルへの登録をすませている事。
  2. キーが3本揃っている事。
  3. ロビンフット手帳がある事。
  4. 警察に盗難届を出し、盗難届出受理番号を受け取る。

などが、必要になります。

 

補償されない場合

  • 鍵が3本ない。(付けっぱなしによる盗難)
  • 防犯登録されていない。
  • 手帳がない、登録されていない。

など、項目が多くありますので、購入後は目を通しておくか、
購入時に店員よりしっかり説明をうけましょう。

1年盗難補償。

ジュニア、キッズ自転車に付いている盗難補償です。
購入から1年の間で、自転車が盗難された場合に、
購入した自転車と同じ車種を代替車として提供してくれます。

盗難補償は1回のみ。

費用:定価(HPに記載あり)の60%+組み立て手数料2000円(税別)

条件

  1. 所有自転車のブリジストンサイクルへの登録をすませている事。
  2. キーが3本揃っている事。
  3. ロビンフット手帳がある事。
  4. 警察に盗難届を出し、盗難届出受理番号を受け取る。

など、必要になるのは大人と一緒です。

 

ちょっと子供の補償は高く付きますね…..。
買い換えるよりは安く済むという事ですね。

 

 

車種による盗難補償の違い

大人は3年ですが、子供は1年のみの盗難補償です。
理由をメーカーさんや販売店さんに聞いてきました。

 

鍵の違い

大人用自転車と子供用自転車だと使用している鍵の精度に違いがあり、
大人の方が精度の高い鍵が付いている。

子供が1年な理由

子供は成長しますので、3年後に同じ自転車が必要かという問題もあり、
子供用自転車の補償期間を1年に設定している。

3年補償の定義

そもそもなぜ3年なのか?

それは学生基準に合わせているそうです。
特に通学で使われる事の多い高校生などが、
3年間安心して通学できるようにと設定されているそうです。

 

なるほど。言われてみれば納得ですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

ブリジストン自転車の品質保証と盗難補償、
なかなか手厚い内容で、ユーザーとしては安心出来ます。

しかし補償はあくまで何かあった時の為のものです。
何もないに越した事はありませんね。

保証が手厚いという事は、品質に自信があるからこそ!
ブリジストンさん、これからも良い製品をご提供ください!

 

以上、ブリジストンサイクルの品質保証と盗難補償について記事でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログは、にほんブログ村ブログランキングに参加しております。
有益な情報を発信するブログとして、日々成長していければと考えております。
少しでも『参考になった』『面白かった』と感じていただけましたら、
ぜひバナーのクリックをお願いいたします。
あなたの応援が私の励みになります。
ランキング上位になるため、どうぞお力をお貸しください!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします!

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

ありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました