長女が大人になっていく時。第六話(ギター編)

子育て雑記

長女。

小学5年生。10歳。

最近ちょっとづつ大人になってきた長女。

さぁ、父親はこれからどうする?

娘の親離れと父の子離れはどっちが先なのか!?

 

スポンサーリンク

2020年10月9日(土)

私、ギターの先生をしておりまして。
いろいろなところで教えております。
学校や音楽スクールのほか、個人でも教えています。

今月より、私個人のレッスンを受ける姉妹がいます。
小学校3年生と1年生の姉妹ちゃん。
その子達用にテキストを作っており、
コードを押さえた時の写真のモデルを長女に手伝ってもらいました。

これがめちゃくちゃキレイ!
親バカではなく、本当にキレイです。

 

コード

Gメジャー

コード

Em(マイナー)

コード

D7(セブン)

写真撮るために、キレイに持たせましたが、
指を立てて押さえるのは、ギター初心者でもなかなか難しいです。
しかもこの時はまったくの素人です。
私が今までギターを教えた事はありません。

『すごいね!むちゃくちゃキレイに押さえるなぁ….』

もちろん絶賛しました。

 

褒められて気を良くしたのか突然、
ギターやってみようかなぁ」ということになり、基本的なコードと、
簡単な譜面の見方などを軽く教えると………

 

 

 

マジですか……

 

 

30分も経たずに、弾けちゃってますよ…..。😅

 

 

自分の子だから教え方が特別なわけではありません。
むしろ、他のレッスンで10する話を5、6ぐらいしかしてない感。(もしやそれが良い??)
特に関心するのは以下。

  • 聞く見るができる
  • 反復練習を集中してこなせる。
  • 一応言われた事は気にするけど、基本自分のペース。
  • 褒められるので、自分は特別すごいと思っている。
  • とにかく押さえる側の手(左手)のフォームが恐ろしく良い!

 

とてもびっくりしましたが、なるほど….と勉強になりました。
この子がギターに向いているかはわかりませんが、
確かな事は、
この子はこの手の作業、勉強、練習にとても能力を発揮する事ができる』という事。

彼女が将来ギタリストになるかは分かりませんし、強制的にする気もありません。
彼女の人生ですから。

ただ得意な事を伸ばしてあげるのが親の役目です。
本人も楽しんでやっているのでこれはチャンスだな、と。

 

  • 集中して作業する事の大切さ。
  • 見て、聞いて、試して、自分で理解する方法を学ぶ。
  • 継続は力になる事を身をもって知る。

 

今ならギター通じて、学校や他では学べない事を教えてあげられる気がします。
そして長女本人も自分で学んでいく事でしょう。

ちょうど私も子供のレッスンが始まりましたので、
娘にギターを教えながら学ばせてもらおうと思います。

 

 

娘よ、共に勉強しようぜ!!!

 

つづく…….

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

当ブログは、にほんブログ村ブログランキングに参加しております。
有益な情報を発信するブログとして、日々成長していければと考えております。
少しでも『参考になった』『面白かった』と感じていただけましたら、
ぜひバナーのクリックをお願いいたします。
あなたの応援が私の励みになります。
ランキング上位になるため、どうぞお力をお貸しください!

にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村

どうぞ、これからもよろしくお願いいたします!

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

 

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました